競馬動画(競馬2ch)などをまとめています

競馬動画(競馬2ch)などをまとめています。競馬の動画・競馬の2chなど面白いものをまとめています…。競馬ファンの皆様是非チェックを!!

    livedb1

    七夕賞|2016年|過去のレースを動画とともに振り返っています

     今週の福島のメインは、ハンデ戦の七夕賞。夏の名物レースに、異色の存在がいる。6歳のバーディーイーグルだ。デビューからダート専門だったが頭打ちとなり、27戦目で初めて芝に出走すると(4)(3)(1)着でオープン入り。芝では底を見せておらず、現在の充実ぶりからもチャンスは十分ある。

     芝に転じてオープン入りした上がり馬バーディーイーグルが、勢いに乗って重賞初制覇を狙う。

     「ペースが流れて展開も向いたとはいえ、思っていた以上に頑張ってくれた」

     前走の快勝に吉田豊騎手が笑みを浮かべる。初芝の3走前からコンビを組んで(4)(3)(1)着。4コーナー18番手だった2走前よりも位置取りを上げた前走(同9番手)は、縦長の展開を力強く差し切った。「位置を取りにいくとダメなタイプかもと思っていた」と、吉田豊騎手も目を丸くする好内容で、走破時計1分45秒0も優秀。芝の実績馬相手にもヒケを取らないポテンシャルを感じさせる。

     馬名の由来にもなったゴルフは芝のイメージだが、名前とは違いデビューから26戦は全てバンカー…いや、ダート。一昨年の12月に1600万下に出世したが、その後の8戦は3着以内に入れず頭打ちとなった。そこで目先を変えて臨んだのが、フェアウエー…いや、芝のレース。「上(全兄バーディバーディ、ユニコーンSなどダート重賞2勝)が走っていたからダートでデビューしたけど、馬は分からないものだね」と国枝調教師も芝での素質開花に驚きを隠さない。

     以前より調教で動くようになり、6歳になってからの上昇度も目を見張る。「マイネルキッツ並みの大器晩成かも」。トレーナーは6歳時に春の天皇賞でGI初制覇を飾った厩舎の先輩の名を挙げて、さらなる飛躍を期待する。

     6日の最終追い切りも併せ馬でしっかり負荷をかけた。「追い切り後も順調だよ。力をつけているし、オープンクラスでも」と国枝調教師。芝で底知れぬ可能性を秘めるバーディーイーグルが、スターダムへのし上がる。 (千葉智春)

    ★砂→芝の成功馬

     芝からダートに転身した成功例は多数あるが、逆パターンは意外と少ない。有名なところでは、デビューからダートで10戦3勝の戦歴を残した後、芝に転じて3連勝でGI高松宮記念を制したショウナンカンプの例がある。他では、デビュー直後に芝で2戦(2、3着)した後、ダートで11戦6勝と飛躍し、再び芝に戻って重賞3連勝を飾りGIスプリンターズSを制したスリープレスナイトの例もあった。

    ★国枝厩舎の先輩マイネルキッツ似の晩成型

     国枝厩舎の先輩、マイネルキッツはじわじわと成長した遅咲き。2歳の9月にデビューして条件クラスで着実に力をつけて、5歳時の2008年2月にオープン入り。翌春の天皇賞を重賞未勝利ながら制した。その後、7歳で日経賞、8歳でステイヤーズSを勝った。

     
     
    七夕賞-2015年

     

    [結果]

    1着 グランデッツァ 川田将雅

    2着 ステラウインド 蛯名正義

    3着 マデイラ 大野拓弥

     

    [コメント]

    グランデッツァは強い形で勝利。もともとクラシックを張っていたウマ。流石に格上か。

     

    七夕賞-2009年

     

    [結果]

    1着 ミヤビランベリ 北村友一

    2着 アルコセニョーラ 武士沢友治

    3着 マイネルキッツ 後藤浩輝

     

    [コメント]

    ミヤビランベリが連覇。福島巧者がそのまま勝利。3着のマイネルキッツがその後春天を勝利するとはw

    マイネルキッツ-チーフベアハートが印象的だった。

     

     

     
    七夕賞の当たる競馬予想はここの予想
    当たる競馬予想を見逃すなwwwww

    宝塚記念|2016年|過去のレースを動画とともに振り返っています
    特集:宝塚記念 打倒!ドゥラメンテ(3)

     昨年の宝塚記念(阪神・芝2200m)の勝ち馬、ラブリーデイ(牡6歳)。同馬は昨年のファン投票で何位だったのか? そう聞かれて答えられる人は、かなりの“競馬通”と言えるだろう。

     答えは、当時も現在も「GIに参加するだけ」といった状態にあるメイショウマンボ(牝6歳)よりも、さらに2ランク下の27位。“泡沫(ほうまつ)候補”のようなものだった。

     デビュー以来、なかなか重賞を勝てない“イマイチくん”といったイメージのあったラブリーデイ。昨年になって、年明けにGIII中山金杯(中山・芝2000m)、GII京都記念(京都・芝2200m)と重賞を立て続けに制したものの、その後のGII阪神大賞典(阪神・芝3000m)、GI天皇賞・春(京都・芝3200m)では見せ場なく、馬群に沈んだ(阪神大賞典6着、天皇賞・春8着)。おかげで、「さすがにトップレベル相手には厳しい」という評価が定着しつつあった。

     それゆえ、ファン投票27位という結果もやむを得ないと言える。しかし一方で、この馬の実力は「こんなものではない」と見ていた関係者やファンも少なからずいた。

     それらの人々は、阪神大賞典にしても、天皇賞・春にしても、もっぱら「距離が長すぎた」ことを敗因に挙げ、適距離に戻れば「もっと戦える」と評価していた。ラブリーデイは、それだけの経験を積み、稽古を重ね、馬体面の弱点が解消されてきたことで、まさに「別馬のように強くなってきた」と見ていたからだ。

     関西の競馬専門紙記者によれば、ラブリーデイは昨年、天皇賞・春を使ったあと、当初は宝塚記念に直行する予定だったという。ところが、天皇賞・春のあとでも余りにも状態がよかったので、急きょ予定外だった鳴尾記念(阪神・芝2000m)を使うことにした。すると、これをあっさりと勝ってしまった。専門紙記者が語る。

    「この鳴尾記念の結果、周囲の人たちは『この勢いは本物。これなら宝塚記念も面白い』と、ますます期待を抱くようになったんです」

     迎えた宝塚記念、ラブリーデイは先行有利の馬場で楽々と2番手を追走。直線に入って抜け出すと、そのまま押し切った。その結果は、確かに「展開に恵まれた」という感はあった。それでも、あの競馬を可能にしたのは、展開以上に、ラブリーデイ自身の、競走馬としての目を見張るような成長にあったと見るべきだろう。

     そして、そのことを裏付けるように、宝塚記念のあとは休養を挟んで秋競馬の古馬の王道路線に参戦。GII京都大賞典(京都・芝2400m)を快勝すると、そのままGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)まで制して2連勝を飾った。予定になかった鳴尾記念を勝ってから、実にGI2勝を含む重賞4連勝。あの頃のラブリーデイは、間違いなく日本の競馬シーンにおける「最強馬」と言える存在だった。




    管理人おすすめコンテンツ…
    詳しい紹介は指定サイト(当たる競馬予想会社)が行っています。
    匠の万馬券の予想が熱いwwww
    無料会員は以下をクリックして指定サイトより無料会員に

    button1-1-u



    【宝塚記念|2016年|過去のレースを動画とともに振り返っています】の続きを読む

    日本ダービー(東京優駿)|2016年|(2000年前)動画で振り返ってみました

     

    ◆日本ダービー追い切り(25日)

     日本ダービー(29日、東京・芝2400メートル)で3歳牡馬の頂点を狙うサトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江厩舎)が25日、栗東トレセンのCWコースで最終追い切りを行った。

     3頭併せの最内。同じくダービーに出走する中プロフェットと、外サトノノブレス(6歳オープン)を追走。ルメールが仕掛けると俊敏に反応し、力強い加速でプロフェットに2馬身、サトノノブレスに1馬身先着した。「しまいを伸ばして、という指示。よかったと思います。前走を叩いた上積みはありそうです」と池江調教師は話した。

     
    1984年-日本ダービー、シンボリルドルフ
    【日本ダービー(東京優駿)|2016年|(2000年前)動画で振り返ってみました】の続きを読む

    このページのトップヘ