【悲報】カシノ・テイエム惨敗九州産新馬戦

 メイクデビュー小倉は3日、小倉競馬場5R(芝1200メートル・雨重)で行われ、国分優騎手騎乗の1番人気、エフェクト(牝2=服部厩舎、父スクワートルスクワート、母スペシャルビビー)が、直線で抜け出し優勝した。勝ち時計は1分10秒7。

 ばらついたスタートから、カシノフレンジーが先頭にたち、2番手にグランデコマンド、その後にカシノリノ、エフェクトなどがつける展開。

 4コーナーから直線に入り、逃げるカシノフレンジーの外から楽な手応えでエフェクトが並びかける。直線半ばを過ぎると、懸命に粘ったカシノフレンジーが沈みエフェクトが一気に抜け出す。好位でレースを進めたグランデコマンドも脚を伸ばしたが、最後までエフェクトがリードを守り1馬身1/4差をつけて九州産馬限定の新馬戦を制した。

 2着のグランデコマンドと3馬身差の3着にはキリシマツバサが入った。

ツイッターの声