アルゼンチン共和国杯になると思いだす馬|エルウェーウイン

 



mei1b

エルウェーウイン

父-Caerleon、母父-Rusticaro

1996年のアルゼンチン共和国杯勝ち馬ですよね。

2歳時には朝日杯3歳S(当時)で出遅れながら断然人気のビワハヤヒデに勝利する

 

 
1992年
1着 エルウェーウイン 南井克巳
2着 ビワハヤヒデ 岸滋彦
3着 ホクトフィル 柴田政人
 
ビワハヤヒデに勝利した、エルウェーウインですが…その後1年で立場が逆転した
ビワハヤヒデは、皐月賞・ダービー2着で菊花賞で1着
 
一方のエルウェーウインは秋まで休養
1戦はさんで
 
そしてまた、有馬記念でビワハヤヒデと対戦
レースはトウカイテイオーの奇跡の復活だったのですけど…
 
ただ、ビワハヤヒデは断然人気で2着
エルウェーウインは8番人気13着…
 
その後…勝つことがなく
1996年のアルゼンチン共和国杯…
この日はナリタブライアンの引退式だった。兄がビワハヤヒデの
 
エルウェーウインは14番人気…誰もが期待していなかった
でも圧勝に近い勝利。騎手はナリタブライアンの主戦騎手だった
南井克巳
 
競馬は面白い