スプリンターズSの過去動画とネット評価をまとめました

スプリンターズSの当たる予想

 半年ぶりの実戦とは思えぬ迫力満点の身のこなしだった。スプリンターズSに出走するミッキーアイルは、先週に引き続き松山が手綱を取り坂路併せ馬で最終調整。序盤から馬体を並べ熱のこもった稽古で、ラスト2Fからは独走。4F50秒0の猛時計で、この日の栗東一番時計をマークした。春の雪辱へ万全の態勢を整えた。

 出来の良さは時計を見れば一目瞭然。休養明けを感じさせない軽やかな身のこなしで最終調整を終えた。ミッキーアイルは松山を背に、坂路でランウェイワルツ(シリウスS出走予定)と併せ馬。追走する形で上がり重点だった1週前とは違い、この日は序盤から併せてビッシリと追われるハードな内容。前日からの雨で水分を含んだ重たいチップに各馬が脚を取られる中、ミッキーは力強い脚取りで悠々と駆け上がっていく。ラスト2Fすぎでギアを入れ替えると、すぐさま反応し僚馬をあっという間に置き去りに。計時されたタイムは4F50秒0~1F13秒3。この日の栗東一番時計だ。2週続けて稽古をつけた松山も抜群の手応えに思わず笑みがこぼれた。

 「1週前はまだ休み明けで“乗りやすいな”という印象だったが、けさは気合乗りも増して、いい頃のミッキーアイルの走りだった。2週続けてしっかりとやっているし、このひと追いでまた良くなってくると思います」

 持ち前の先行力を武器に、これまで国内の短距離G1・3戦は3、4、2着。一線級を相手に差のない競馬を演じ、3歳時のNHKマイルC以来2つ目のビッグタイトルに手の届くところまで来ている。レコード決着だった前走の高松宮記念も番手からの競馬でビッグアーサーと0秒1差。音無師は「前に行きたい馬がそろっていて序盤からハイペース。4角で外に振られる不利も響いたし、勝ち馬の目標にされてしまった。それでも崩れなかったのは力のある証拠」と悔しさの中にも確かな手応えを感じている。

 今回は半年ぶりの実戦だが、休養明けは3勝。鉄砲は利くタイプで“ぶっつけ本番”は問題ないことを強調する。展開についても「理想はハナに立つ競馬だが、前走のように仮に控える形になっても崩れない。とにかく自分のリズムで運べれば」と折り合い面での進境も付け加えた。

 春の雪辱へ――。進化した走りで虎視眈々(たんたん)と逆襲を狙う。

 
1993年ーサクラバクシンオー




過去10年分のダイジェスト




ネットの声


1
:2016/09/29(木) 06:03:40.74 ID:
┏━━━━━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  10/2(日) 中山11R 芝・右 1200m
┃第50回スプリンターズステークス(GI)┃(´∀` )<3歳上(国際)(指定) 定量 発走15:40
┣━━━┯━━━━━━━━━━━┻○━○━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃6000万│ブランボヌール     .[牝3]│53│武  豊│(西)中竹和│キーンランドC  1┃優先
┃. 27350│ビッグアーサー      .[牡5]│57│福  永│(西)藤岡健│セントウルS 1┃優先
┃. 17310│スノードラゴン      [牡8]│57│大  野│(東)高木登│セントウルS 5┃
┃. 16375│ミッキーアイル       .[牡5]│57│松  山│(西)音無秀│高松宮記念 2┃
┃. 15600│サクラゴスペル      .[牡8]│57│横山典│(東)尾関知│京王杯SC  4┃
┃. 11750│ベルカント         .[牝5]│55│蛯  名│(西)角田晃│北九州記念 2┃
┃. 10725│ネロ               [牡5]│57│内  田│(西)森秀行│セントウルS 2┃
┃9900万│ソルヴェイグ       .[牝3]│53│田  辺│(西)鮫島一│キーンランドC  4┃
┃9500万│ダンスディレクター   .[牡6]│57│浜  中│(西)笹田和│セントウルS 7┃
┃9300万│レッドファルクス       [牡5]│57│M.デム-│(東)尾関知│CBC賞     1┃
┃9100万│レッツゴードンキ     [牝4]│55│岩  田│(西)梅田智│キーンランドC  3┃
┃8350万│レッドアリオン      [牡6]│57│川  須│(西)橋口慎│セントウルS 6┃
┃7300万│シュウジ            [牡3]│55│川  田│(西)須貝尚│キーンランドC  2┃
┃7025万│サトノルパン         [牡5]│57│和  田│(西)村山明│キーンランドC  8┃
┃6400万│ウリウリ          [牝6]│55│戸  崎│(西)藤原英│セントウルS 9┃
┃4325万│ティーハーフ         [牡6]│57│池  添│(西)西浦勝│セントウルS11┃
┗━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛
前スレ
10/2(日) 第50回スプリンターズステークス(GⅠ) part2
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1474892334/

23:2016/09/29(木) 07:14:28.41 ID:
>>1
スプリンターズS
過去の結果
http://race.hotcom-web.com/data.php?p=place&id=94
http://race.hotcom-web.com/data.php?p=sire&id=94
過去の人気馬
http://race.hotcom-web.com/data.php?p=favor&id=94
データ
http://race.hotcom-web.com/total.php?p=place&id=94
http://race.hotcom-web.com/total.php?p=people&id=94
http://race.hotcom-web.com/total.php?p=sire&id=94
馬券傾向
http://race.hotcom-web.com/favor.php?id=94
22:2016/09/29(木) 07:13:54.57 ID:
混戦ムードを漂わせている今年の電撃戦。1頭強そうなのが居るが今回はG1である。
スプリンターズSはミッキーアイルとレッツゴードンキで当たる。
3着にティーハーフが飛んで来てあれま。
ビックアーサーを買う奴は眼科にな。
2016年!絶対稼げる男
25:2016/09/29(木) 07:16:04.32 ID:
ミッキーアイル調教抜群!
まず負けない
45:2016/09/29(木) 07:34:37.94 ID:
サクラゴスペルは

ドリームジャー二ーである

中山の方程式を知っている
62:2016/09/29(木) 07:48:29.97 ID:
1着サクラゴスペル
2着ミッキーアイル
3着ティーハーフ
4着ビックリドンキ
5着シュウジ
96:2016/09/29(木) 09:03:30.68 ID:
★人気と傾向★
1番人気は【4・2・0・4】で及第点といったところだが、12年以降は2、1、13、1着と、14年ハクサンムーンを除いて連対圏内を確保していて、
近年はこの数値以上に信頼できる傾向。2番人気は【1・4・0・5】と健闘しているが、【2・1・0・7】の3番人気は頼りない。そして4番人気に関
しては全滅状態。馬連平均配当は4678円で3桁配当が3回もあり、全体的にも中穴程度だが、3連単平均配当は36万3963円と高配当で、
3着馬が5番人気以下しかから出ていないことからも10万円オーバーが5回。06年には1番人気テイクオーバーターゲットが勝ちながらも2、
3着に2桁人気が突っ込み、263万7570円の超高配当馬券となった。上位人気+人気薄の組み合わせが主流の傾向。

★ステップ★
セントウルS組が【5・5・4・46】で出走60頭は全体の38%という一大勢力。13年に1から3着独占など、3着以内30頭中14頭を占める主要ステ
ップとなっている。これに続くのが【2・3・4・29】のキーンランドC組。この中でも4歳馬が【1・1・2・2】、5歳馬が【0・2・2・10】と好走していて、15
年9番人気3着ウキヨノカゼも条件に該当。その他では北九州記念組も【2・0・1・7】で2勝を挙げているが、11年以降は【0・0・0・5】で、15年も
2番人気ベルカントが13着に沈んだことからも近年は割引が必要。安田記念組は【0・1・0・8】。15年はサクラゴスペルが好走したものの、通常
はマイルCSへの叩き台として使うケースが大半で、人気を集めても基本的には有力視しづらい。

そのセントウルS組で休みなく6戦以上使い込まれていた馬は【0・0・1・12】で、唯一の3着は11年3着エーシンヴァーゴウ。06年にはCBC賞、函
館スプリントS、キーンランドC、セントウルSと重賞を4連対して挑んだ2番人気シーイズトウショウも8着に敗れ、暑い夏場の激闘で疲れが出る時
季。一方、セントウルSを叩いてこの舞台に駒を進めた馬は【4・2・1・21】。このうち単勝オッズが15倍以上だった馬はすべて馬券圏外なので、そ
れを除くと【4・2・0・8】で頭数を減らすことができる。
97:2016/09/29(木) 09:03:56.82 ID:
★性別★
1から3番人気の成績は牡馬・セン馬が【3・4・0・10】に対して、牝馬は【4・3・0・6】と好走が目立つ。15年も牝馬ストレイトガールが1番人気に応え
て優勝したことは記憶に新しい。一方、4番人気以下では牡馬・セン馬が【3・3・6・90】なのに対し、牝馬の場合は【0・0・4・24】で連対馬が出ていな
い。上位人気では好成績を残している牝馬だが、人気薄で狙えるのは3着までで過度の期待は禁物。

★過信は禁物★
追い込み馬について。15年は9番人気ウキヨノカゼが、超スローペースの中で後方から脚を溜めて上がり最速を叩き出して3着に入ったが、追い込
み馬全体の成績は【0・0・3・43】で連対は1回もない。また、上がり3ハロン1位の馬が【0・0・2・8】であることからも上がり勝負にはなりにくく、最低で
も中団までにつけてレースをしないと厳しい。

また、前走芝1200m以外に出走していた馬にも過信は禁物。過去10年間3着以内30頭中28頭が前走も同じ芝1200m出走馬。他からの参戦は
【0・1・1・28】と「ステップ」で述べたように安田記念組を筆頭に苦戦。唯一の連対である15年2着サクラゴスペルは中山芝1200m1、1、11、2、1着で
14、15年オーシャンS連覇という「中山1200の鬼」。また、11年1番人気ロケットマンは前走がダート1200mだったが4着であった。

★関東馬★
また「西高東低」ながらも勢いを増しつつある関東馬。関東馬が【1・3・3・39】に対し、【7・7・7・79】の関西馬が優勢であることは一目瞭然。1から3着を
関西馬が独占したことも4回で「西高東低」のムードだが、14年以降過去2年の関東馬の成績に着目すると【1・1・1・5】と流れが変わってきている。しか
も馬券圏内に入ったのは14年13番人気1着スノードラゴン、15年11番人気2着サクラゴスペル、9番人気3着ウキヨノカゼ、といずれも超人気薄。15年
に関しては3頭出走したうち2頭が馬券に絡んでいた。