みやこS予想|ダノンリバティの名勝負まとめ



当たるコンテンツが熱い競馬情報会社

勝馬伝説 
http://www.l-horse.com/
勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

金馬 
http://www.kin-uma.com/
毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

by競馬予想会社ファン



『みやこS』ダノンリバティ好反応で合格
 

 「みやこS・G3」(8日、京都)

 重賞初制覇を狙うダノンリバティが栗東坂路でハードな併せ馬を行った。前走のシリウスSでは積極策が裏目に出て2着に敗れたが、本来のしまいを生かす競馬で初タイトル&G1・チャンピオンズC(12月6日・中京)へのチケットをもぎ獲る構えだ。2カ月半ぶりとなるクリノスターオーも栗東坂路で力強い動きを披露した。

 ダノンリバティがハードな最終リハを敢行した。僚馬ミッキーオリビエ(3歳1600万下)とテンから飛ばしての併せ馬は、道中も馬体をそろえたまま駆け上がった。数字上ではラスト1Fがやや止まり気味の13秒0だが、お互いに追われてからグッとフォームを沈めての併入。好反応を示した。全体時計も馬場が荒れだしてきた時間帯を思えば、4F51秒3は上々だ。

 音無師もこの日の動きは合格点と受け止めた。「まあ、馬場が悪くなってからの時計だからね。定刻(午前7時)の5分くらい前に開場して、10分くらいたってからでしょう。上がりで(1F)13秒切れない馬もたくさんいたからね。悪くないと思う。相手も動く馬だし、併せ馬をするのが大事だったから」とうなずいた。

 前走のシリウスSでは1番人気に支持されたが、早め先頭の積極策が裏目。目標にされて2着に敗れた。「動くのが早過ぎたね。もっとも2走前は丸山に言ったの。“先行馬がそろっていたし、早めでないと”って。それはうまくいったけど、それを見たからか、同じイメージで戸崎さんが行っちゃったようだからね。じっくり動いてしまいを生かすのがいいと思う」。反省を生かし、今後のためにも今度はためる競馬に徹してもらうつもりだ。

 「最初に少し力を抜いて走れば、上がりもしっかり伸びるでしょう。それに古馬に比べて斤量も軽い(54キロ)からね。馬の持ち味を生かしてほしい」とトレーナー。待望の重賞タイトルをゲットし、堂々とG1の大舞台へ向かうプランだ。

 

 

ダノンリバティ


父ーキングカメハメハ、母父ーエリシオ


毎日杯では、ミュゼエイリアンの2着

 

芝でもある程度の活躍を見せたwww

 

 

ダートでは


レパードSで3歳ダートトップクラスのクロスクリーガーの2着

 

 

 

ツイッターでも評価

【みやこS予想|ダノンリバティの名勝負まとめ】の続きを読む