競馬動画(競馬2ch)などをまとめています

競馬動画(競馬2ch)などをまとめています。競馬の動画・競馬の2chなど面白いものをまとめています…。競馬ファンの皆様是非チェックを!!

    livedb1

    JRA重賞(G3)

    函館2歳S|過去の思い出を動画とともに振り返ります
     

     函館最終週を締めくくる函館2歳S(G3、芝1200メートル、26日)に黒岩厩舎が2頭を送り込む。

    【写真】ダービーフィズ初コンビ岩田で初タイトル/函館記念

     今回の中央馬では唯一の福島デビュー馬ラッキーボックス(牝、父ディープスカイ)が不気味だ。北口助手は「カイ食いも落ちてないし、まったく問題ありませんでした」と自信をのぞかせる。同週の函館新馬戦を快勝したヒルダ(牝、父ダイワメジャー)も好気配。味戸助手は「初戦は他が動いても自分のリズムを崩さず走れていた。体も絞れてきた」と前進を見込む。

     

    マイネルマックスですかね・・・

    函館2歳Sを朝日杯FSを勝利していた名馬

     

    佐藤哲三さんが結婚だったかな

    前にG1勝ちたいってことで勝利した

    朝日杯FSが印象的

     

    1996年ー朝日杯

    1着 マイネルマックス 佐藤哲三

    2着 オープニングテーマ 小池隆生

    3着 エアガッツ 横山典弘

     

    今思えば、佐藤哲三騎手も好きな騎手でしたね。

     

    マイネルマックス

    父ーブライアンズタイム、母父ーハイセイコー

     

     

     

     

     

     

    中京記念予想|過去の思い出を動画で振り返ります
     

     今年の高松宮記念を香港調教馬のエアロヴェロシティで制し、18日から8月9日までの短期免許を取得したザカリー・パートン騎手(32)=豪州=が16日、栗東トレセンで調教に騎乗した。

     中京記念でコンビを組むトーセンレーヴ(栗・池江、牡7)の手綱を取り、CWコースでオリハルコン(500万下)と併せ馬。馬なりながらラスト1ハロン11秒5(5ハロン68秒6)とシャープな伸びで、1馬身先着した。

     「ベリーグッド。乗ってすぐにオープンクラスの馬だとわかりましたし、感触はつかめました」

     昨年も短期免許で騎乗したが、左かかとの古傷が再発し、期間半ばで帰国。「期間が短いですし、どんな馬に乗れるかわかりませんが、与えられた馬でベストパフォーマンスを尽くすだけです」と意気込みを口にした。

     

    2014年ー中京記念

    1着 サダムパテック 田中勝春

    2着 ミッキードリーム 太宰啓介

    3着 マジェスティハーツ 森一馬

     

    【コメント】

    さすがのサダムパテックってところか、58キロもG1勝ちしているだけで

    格上・・・。

     

    1992年ー中京記念

    1着 ムービースター 岸滋彦

    2着 ブレスレット 久保田英敬

    3着 ステイジヒーロー 武永祥

     

    【コメント】

    やっぱりこの馬凄かったな・・・G1、勝ち馬

     

     

     

    5
    七夕賞予想|七夕賞動画から思い出を語っています
     

     サマー2000シリーズ開幕戦の第51回七夕賞(12日、福島)で、福島県出身の田辺裕信騎手(31)が同レース連覇を狙う。今年のパートナーであるフラアンジェリコは昨秋の福島記念2着馬のコース巧者。昨年はこのレースの勝利からサマージョッキーズシリーズを制した“夏男”が、地元で今年も暴れるか。

     競馬場のある福島市から南に20キロ、田辺は阿武隈川が流れる自然豊かな二本松市の出身。「小さいころ、競馬好きの父によく連れていってもらった」と言う福島競馬場で9度目の重賞挑戦となった昨年の七夕賞。初タッグを組んだ5番人気のメイショウナルトを絶妙のペースで逃げ切りVへ導いた。「騎手になってから友達とは音信不通(笑い)。地元に特別な意識はないっすよ」と自然体だが、「重賞を勝つ機会はそうないのでうれしいこと」と少年のような笑顔を見せて振り返った。

     あれから1年。新たに重賞5勝を積み重ね、G1の常連にもなった31歳が、14年福島記念2着のコース巧者フラアンジェリコで七夕賞連覇に挑む。「ダートも走っていたくらいで、本質的に洋芝コースとかのほうが合うかな。時計がかかってほしいね」と冷静だが、1年4か月ぶりの騎乗へ8日の最終追い切りで感触をチェック。「乗り難しさを含めて何度も乗って分かっているつもり。もしかしたら2000メートルがベストかも。前で引っ張る馬がいるのはやりやすいはず」と過去6度騎乗(《1》〈7〉〈2〉〈6〉〈2〉〈4〉着)した経験値に自信をのぞかせる。

     昨年はこのレースの勝利で勢いに乗り、小倉記念3着、関屋記念1着、京成杯オータムH1着でサマージョッキーズシリーズ王者に。憧れだったワールドSJS出場も果たした。「連覇じゃなくても勝つのはいつでも気持ちいい」。勝利への飽くなき欲求を内に秘める福島の“彦星”が今年も地元で一発を狙う。(川上 大志)

     

    七夕賞動画ー2014年

    1着 メイショウナルト 田辺裕信

    2着 ニューダイナスティ 吉田豊

    3着 マイネルラクリマ 柴田大知

    『コメント』

    やっぱりここで買うのがセンスですかね…

    鳴尾記念で惨敗で七夕賞勝利

     

    七夕賞動画ー1993年

    1着 ツインターボ 中舘英二

    2着 アイルトンシンボリ 田中勝春

    3着 ダイワジェームス 蛯名正義

     

    『コメント』

    やっぱり。七夕賞と言えばツインターボですかね・・・。この逃げ切り

    衝撃的としか言えない。

     

     

    5
    プロキオンS|過去の思い出を動画とともに振り返ります

     中京では12日、「第20回プロキオンS」(GIII、ダ1400メートル)が行われる。古豪の顔も見えるが、注目したいのは躍進著しい4歳牝馬コーリンベリーだ。

     最大の武器はキップのいい“逃げ”。スピードをストレートに発揮して逃げたときの勝ちっぷりは鮮やかだ。前走の交流GIIIかきつばた記念もハナを切っての重賞初制覇だった。

     ただ、今春は脚質に幅を増している。のちにターニングポイントとなるであろうレースが2走前のコーラルSだ。外枠だったこともあり無理をせずに好位に控えると、直線であっさり抜け出し、2着ニシケンモノノフに3馬身差をつけた。控えながらの快勝は、大きな収穫だった。

     「内に速い馬がいたので控えたが、砂をかぶらず行けたのが良かった。前走は内枠だったのですんなりハナへ。脚質に幅が出てきたね。ハナにこだわらず、自分でレースを作れるようになったのは強みだと思っている」と柴田見調教師。

     先週1日はCWコースでラスト1F12秒1と伸びた。活気あふれる好内容に、「引き続き好調をキープ。相手は強くなるが、砂さえかぶらなければ力は発揮できる」。昨年はベストウォーリアの9着だったが、今年は逆転までありそうだ。(夕刊フジ)

     

    2014年-プロキオンS動画

    1着 ベストウォーリア 戸崎圭太

    2着 キョウワダッフィー 福永祐一

    3着 ガンジス 国分優作

     

    【コメント】

    秋の飛躍につながった同馬、アジアエキスプレスの同じオーナー

    3着のガンジスは印象的。

     

    2011年ープロキオンS動画

    1着 シルクフォーチュン 藤岡康太

    2着 ダノンカモン 和田竜二

    3着 ケイアイガーベラ 秋山真一郎

     

    【コメント】

    シルクフォーチュンの強烈差しが印象的

     



     

    5

    CBC賞の活躍馬|過去の思い出



    管理人オススメコンテンツ
    無料会員が熱すぎる-勝馬伝説

    ja1



     

     兄の意地を見せる。CBC賞(5日、中京)が20回目の重賞挑戦になるサドンストームが初タイトルを狙う。全弟のティーハーフが、2週前の函館スプリントSで重賞初制覇。「弟が先に重賞を勝ちましたが、ここで追いつければ。2頭でサマースプリントを争うことになればいいですね」。2頭を手がける深川助手は兄の奮起に期待する。

     重賞未勝利とはいえ2着3回。いつ勝っても不思議はない。弟ティーハーフの主戦も務める国分優も「能力的には重賞を早く勝たないといけない馬」と言い切る。

     6歳を迎えた今が、充実期だ。昨年末の京阪杯から〈2〉〈5〉〈2〉〈4〉〈4〉着と安定。前走はG1の高松宮記念でも上位に食い込んだ。「年々、若くなっている。走り方が以前より器用になっています」と国分優が若さを強調すれば、深川助手も「休ませてまた体が成長。前走が最高(の状態)かと思っていたけど、もう一段階上がありそうです」と声を弾ませる。

     3か月ぶりだが勝負の夏に向けて、西浦調教師はしっかりと態勢を整えてきた。「ここを目標にやってきた。中京の1200メートルも合うからね」。まずは尾張の地で悲願を成就させ、兄弟で夏の主役を務める。(宮崎 尚行)

     
     
    CBC賞の過去の思い出ー動画で振り返ります
    【CBC賞の活躍馬|過去の思い出】の続きを読む

    このページのトップヘ