競馬動画(競馬2ch)などをまとめています

競馬動画(競馬2ch)などをまとめています。競馬の動画・競馬の2chなど面白いものをまとめています…。競馬ファンの皆様是非チェックを!!

    livedb1

    JRA重賞(G3)

    5
    関屋記念|追い切り情報|サトノギャラント

     デビュー16年目の北村宏司騎手(34)が夏後半に入っても好調だ。先週は4勝をあげ今年75勝とし、戸崎(86勝)、岩田(75勝=2着差で上位)に続く全国3位につけている。夏の新潟は現在6勝でトップを走り、実はここ4年、(1)(3)(2)(1)着とすべて馬券に絡んでいる“関屋記念男”でもある。今年は相棒・サトノギャラントの重賞初Vが至上命題だ。

     --関屋記念はサトノギャラントに騎乗。13日の3頭併せは坂路4F56秒6で同入した

     「無理のない範囲で前の馬を追いかけて行き、いい併せ馬ができた。時計は遅く見えるけど、朝イチでも結構時計のかかる馬場だったから、これで十分。先週末にもやれたし、順調だよ」

     --3番人気と期待された前走・中京記念は7着。馬場(稍重)が少しかわいそうだった

     「少し? いや、大分でしょう。道中、追い出すまでは大丈夫だったけど、そこからはノメってノメって…。あれで(発表は)稍重なんだ。ふーん」

     --前走も含め、相変わらずゲートの出は遅い

     「(ゲートのなかで)うるさいわけではないんだけど、どうも進んでいかない。少しはいい位置で運びたいから、今回は何か工夫してみたい」

     --新潟マイルは上がりが速いが、2走前の谷川岳Sで3F32秒3をマークして2着

     「ヨーイドンの競馬になるのは大丈夫。とにかく今回も、問題は馬場状態だけ。週末は雨の予報も出ているけど、何とかもってもらって、良馬場で走れれば」

     --関屋記念は10年にレッツゴーキリシマ、昨年レッドスパーダで勝って、4年続けて馬券に絡んでいる(11年サトノフローラ3着、12年エーシンリターンズ2着)

     「それはたまたま(笑)。いい馬に乗せてもらっているってだけ。それだけでしょ」

     --17日は重賞だけでなく、新馬戦も楽しみ。芝1800メートルでデビュー予定のミッキーユニバースはギャラントと併せていた

     「体も大きいし、気持ちの面でゆったりしているいい馬だ。距離の融通も利きそうだし、楽しみだね」(夕刊フジ)

     ツイッターの声

    【関屋記念|追い切り情報|サトノギャラント】の続きを読む

    メイショウナルト|追い切り…情報

    ◆小倉記念追い切り(7日)

     サマー2000シリーズ第3戦、小倉記念・G3(10日)で史上2頭目の連覇を狙うメイショウナルトが7日、滞在している小倉競馬場のダートコースで追い切った。馬なりの手応えでラスト11秒5と、七夕賞勝ちの勢いを持続している。

     心地よい西風が吹き抜ける小倉競馬場のコースにはメイショウナルト、ただ1頭。ぜいたく!?な舞台で小倉記念連覇へ向けた追い切りが行われた。

     2つの角馬場での乗り込みで準備を整え、ダートコースへ。「栗東ではかかったりするのに、こちらでは、すごく落ち着いている」と水元助手。視界も進路も遮られることのないコースを、ゆったりとしたキャンターで駆けた。

     向正面に入ると、うながされることもなくハミを取ってペースアップ。かき込みの鋭いフォームで馬場の外めを気分よく進んだ。道中の行きっぷりのよさだけで出来のよさを感じさせたが、直線は絶好調をアピール。鞍上のステッキは腰にささったまま。何もしないで、さらに加速し、ラスト1ハロンは11秒5。時計の出やすい稍重とはいえ出色の切れ味で締めた。

     「これでいい。いい雰囲気だった」と水元助手。出迎えた武田調教師も笑みで顔を埋めながら「いいフットワークだったし、最後までしっかりしていたからね。心配なところは何もない」と満足げ。

    小倉ぴったり 5月に復帰して2戦は15、11着だったが、前走の七夕賞は圧巻の逃げ切り。「冬は硬さが出るが、夏場はそれがない。それにコーナーが4つで直線の短いコースも合っているから。トップハンデは気にしてないし、最後まで集中して走ってくれれば。何とか勝ちたいと思っている」。トレーナーは手応えをにじませたコメントで締めくくった。7、8月は重賞2勝を含め7戦4勝、2着2回。夏に輝く6歳セン馬が、メイショウカイドウ(04、05年)以来の連覇で“メイショウの夏”にしてみせる。(和田 伊久磨)

     ◆小倉記念連覇なら史上2頭目 1967年のワカクモから、昨年のエクスペディションまで15頭が挑戦したが、連覇を達成したのは04、05年を優勝したメイショウカイドウのみ。また、同一年の七夕賞→小倉記念連勝は11年のイタリアンレッドのみで、同馬はサマー2000シリーズのタイトルを手にした。

     
    メイショウナルト|動画
     
    【メイショウナルト|追い切り…情報】の続きを読む

    5
    函館2歳S|アンブリカルについていろいろとまとめています

    【函館2歳S(土曜=19日、函館芝1200メートル)注目馬最新情報:函館】アンブリカルは前走後、13日(日)が初時計。モヤのため全体時計は計時不能も、ウッド1ハロン12・4秒で古馬相手に先着した。気合も乗って上昇ムード。

     菊地基助手「普段はどっしりしているが走り出せば前向き。2歳馬離れした雰囲気を持っている。1度使って気合乗りがアップしたし、ここでも楽しみ」




    min



    新馬戦動画

    ツイッターの声

    【函館2歳S|アンブリカルについていろいろとまとめています】の続きを読む

    このページのトップヘ