競馬動画(競馬2ch)などをまとめています

競馬動画(競馬2ch)などをまとめています。競馬の動画・競馬の2chなど面白いものをまとめています…。競馬ファンの皆様是非チェックを!!

    livedb1

    過去の活躍馬

    七夕賞|2016年|過去のレースを動画とともに振り返っています

     今週の福島のメインは、ハンデ戦の七夕賞。夏の名物レースに、異色の存在がいる。6歳のバーディーイーグルだ。デビューからダート専門だったが頭打ちとなり、27戦目で初めて芝に出走すると(4)(3)(1)着でオープン入り。芝では底を見せておらず、現在の充実ぶりからもチャンスは十分ある。

     芝に転じてオープン入りした上がり馬バーディーイーグルが、勢いに乗って重賞初制覇を狙う。

     「ペースが流れて展開も向いたとはいえ、思っていた以上に頑張ってくれた」

     前走の快勝に吉田豊騎手が笑みを浮かべる。初芝の3走前からコンビを組んで(4)(3)(1)着。4コーナー18番手だった2走前よりも位置取りを上げた前走(同9番手)は、縦長の展開を力強く差し切った。「位置を取りにいくとダメなタイプかもと思っていた」と、吉田豊騎手も目を丸くする好内容で、走破時計1分45秒0も優秀。芝の実績馬相手にもヒケを取らないポテンシャルを感じさせる。

     馬名の由来にもなったゴルフは芝のイメージだが、名前とは違いデビューから26戦は全てバンカー…いや、ダート。一昨年の12月に1600万下に出世したが、その後の8戦は3着以内に入れず頭打ちとなった。そこで目先を変えて臨んだのが、フェアウエー…いや、芝のレース。「上(全兄バーディバーディ、ユニコーンSなどダート重賞2勝)が走っていたからダートでデビューしたけど、馬は分からないものだね」と国枝調教師も芝での素質開花に驚きを隠さない。

     以前より調教で動くようになり、6歳になってからの上昇度も目を見張る。「マイネルキッツ並みの大器晩成かも」。トレーナーは6歳時に春の天皇賞でGI初制覇を飾った厩舎の先輩の名を挙げて、さらなる飛躍を期待する。

     6日の最終追い切りも併せ馬でしっかり負荷をかけた。「追い切り後も順調だよ。力をつけているし、オープンクラスでも」と国枝調教師。芝で底知れぬ可能性を秘めるバーディーイーグルが、スターダムへのし上がる。 (千葉智春)

    ★砂→芝の成功馬

     芝からダートに転身した成功例は多数あるが、逆パターンは意外と少ない。有名なところでは、デビューからダートで10戦3勝の戦歴を残した後、芝に転じて3連勝でGI高松宮記念を制したショウナンカンプの例がある。他では、デビュー直後に芝で2戦(2、3着)した後、ダートで11戦6勝と飛躍し、再び芝に戻って重賞3連勝を飾りGIスプリンターズSを制したスリープレスナイトの例もあった。

    ★国枝厩舎の先輩マイネルキッツ似の晩成型

     国枝厩舎の先輩、マイネルキッツはじわじわと成長した遅咲き。2歳の9月にデビューして条件クラスで着実に力をつけて、5歳時の2008年2月にオープン入り。翌春の天皇賞を重賞未勝利ながら制した。その後、7歳で日経賞、8歳でステイヤーズSを勝った。

     
     
    七夕賞-2015年

     

    [結果]

    1着 グランデッツァ 川田将雅

    2着 ステラウインド 蛯名正義

    3着 マデイラ 大野拓弥

     

    [コメント]

    グランデッツァは強い形で勝利。もともとクラシックを張っていたウマ。流石に格上か。

     

    七夕賞-2009年

     

    [結果]

    1着 ミヤビランベリ 北村友一

    2着 アルコセニョーラ 武士沢友治

    3着 マイネルキッツ 後藤浩輝

     

    [コメント]

    ミヤビランベリが連覇。福島巧者がそのまま勝利。3着のマイネルキッツがその後春天を勝利するとはw

    マイネルキッツ-チーフベアハートが印象的だった。

     

     

     
    七夕賞の当たる競馬予想はここの予想
    当たる競馬予想を見逃すなwwwww

    オークス(優駿牝馬)|動画で振り返ってみました

     

    オークス(優駿牝馬)ニュース

    ◆オークス追い切り(18日・美浦トレセン)

     今週のオークス・G1(5月22日、東京・芝2400メートル)に出走するジェラシー(牝3歳、美浦・菊沢厩舎)が18日、美浦トレセンのウッドチップコースで最終追い切りを行った。

     単走でもスピードに乗り、馬場の真ん中を一直線に駆け抜けた。菊沢調教師は「活気あふれる走りだった。先週と、日曜日にも軽く時計を出し、十分負荷はかかった」と納得の表情を見せた。

     デビュー4戦目で初勝利を挙げると、続くミモザ賞で2着。その勢いでオークストライアルのスイートピーSを制した。「2歳の頃は非力さがあり、奥手な馬だと思っていた。時間がかかったが成長は見える。競馬を使いながら力を付けてきた」とトレーナーは実感していた。

     
     
    1992年-優駿牝馬(オークス) 




    ここの予想が注目なんですよ
    だって無料予想で万馬券wwwww
    勝馬伝説
    kachium

    【オークス(優駿牝馬)|動画で振り返ってみました】の続きを読む

    レガシーワールドの名勝負を動画とともに振り返ります



    戸山調教師から森調教師へ

    小島貞・小屋内騎手から河内騎手へ

     

    レガシーワールド

    父-モガミ

    母父-シムフレンチ

     

    1993年-JC(ジャパンカップ)

    1着 レガシーワールド 河内洋

    2着 コタシャーン デザーモ

    3着 ウイニングチケット 柴田政人

     

     

    まあ・・・いろいろと言われていますけどね…

    森調教師どうなんだろうか

     

    せめて、戸山厩舎から来た馬は…って話ですよね

     

     

    レガシーワールドは騙馬になってから変わりましたね。

    まさかG1を勝つとは

     

    まあこっちもいろいろとあったJCですからね

    コタシャーンのゴール板間違えちゃう事件とか

     

    レガシーワールド

    1989年 生まれ

    毛色 鹿毛

    調教師 戸山調教師・森調教師

    競走成績 中央30戦7勝 地方

     

    5
    エイシンヒカリはなんだったのか?
     
    115:2014/12/13(土) 16:17:25.30 ID:
    アンカツ(安藤勝己)  ‏@andokatsumi · 28秒29秒前
    正直だらしなかったけど、逃げ馬が負ける時はこんなもん。ハンデ云々じゃない。重賞、それもこのメンバーだと道中の圧力が違う。まあ、底は見せたな。@liora0410: @andokatsumi やはりエイシンヒカリの足が止まったのはハンデのせいだと思いますか?


    底は見せたっぽい
    【エイシンヒカリはなんだったのか?】の続きを読む

    エピファネイアが世界2位

     ジャパンCを圧勝したエピファネイア(栗・角居、牡4)のレーティングが、近日中に発表される最新版で126ポンドになることが1日、分かった。今年は同レースで2着に敗れたジャスタウェイ(栗・須貝、牡5)が世界一となるレーティング130ポンドを獲得済み。これに次ぐのが126ポンドで、英愛ダービー馬オーストラリアなど4頭と並ぶ。11月はランク外だった。

     レーティングは国際競馬統括機関連盟が発表するもので、重要な対象レースで残っているのは4部門からなる14日の香港国際競走のみ。今年は世界年間ランキングで初めて日本馬が1位に立つだけでなく、ワンツーになる見通しだ。

     エピファネイアは激戦から一夜明けた1日、全休日だった滋賀県の栗東トレセンの自厩舎で疲れを癒やした。

     「向こう(東京競馬場)で馬運車に乗る前にカイバをつけて、こっちに着いてからもつけて、完食していました。元気ですよ」と鈴木助手。エリザベス女王杯を制した僚馬ラキシス(牝4)とともに目指す有馬記念(28日、中山、GI、芝2500メートル)にもいい状態で臨めそうだ。

     
    世界1位とともに…
    日本馬がランクイン。
    【エピファネイアが世界2位】の続きを読む

    このページのトップヘ