日経新春杯回顧|岩田の神騎乗|いろいろなまとめ

 「日経新春杯・G2」(18日、京都)

 極限にコースロスを排除した岩田の“神騎乗”が、挫折を経験した若き4歳馬に重賞初勝利をもたらした。昨年のダービー7着以来、7カ月半ぶりに戦線に復帰したアドマイヤデウスが、休養明け初戦からいきなり勝利。好発を決めると、道中は好位のインでジッと我慢して、直線も迷わず最内へ。ラチ沿いに潜り込むと、メンバー最速となる上がり3F33秒8の末脚で鮮やかに突き抜けた。

 「自分でハミを取ってリズム良く運べました。直線まで我慢すれば、伸びてくれると思ったし、うまいこと内をさばけましたね」。これで10年連続のJRA重賞勝利となった岩田は胸を張る。

 手綱さばきが光ったのも確かだが、デウス自身の進化も見逃せない。ダービーのレース中に左ヒザを骨折。3歳後半シーズンを棒に振ったものの、その休養で背丈が伸びて古馬らしい体つきに変化した。3走前の若葉S勝利時から手綱を取る岩田は「落ち着きが出ているし、大人になったと思う」と精神面での成長も口にする。

 ブランクをあっさりと克服しての復活劇に、夢も一気に膨らむ。「もっと走ってくると思う」と主戦はさらなる飛躍を期待。橋田師も「できれば菊花賞を使いたかったくらいで、長い距離もいけそうな馬だからね。天皇賞・春(5月3日・京都)が一番の目標」と、はっきりと春の盾を視線の先にとらえる。古馬王道路線に有望な新星が誕生した。

 

 フーラブライド(牝6=木原)は先行馬を視野にとらえながら直線鋭く伸びて2着。酒井は「ある程度、意識して前のポジションへ。外に出してからスッと反応してくれました」と振り返った。

 重賞初制覇を飾った僚馬アドマイヤデウスに負けじとアドマイヤフライト(牡6=橋田)も休み明けで力を示した。道中はスッと流れに乗ると、しまいもしぶとく脚を使って3着。藤岡佑は「状態の良さが伝わってきたし、操縦性が良くて思い描いていたレースができました。最後に差されたのは間があいていた分ですね」と力走をたたえた。

【日経新春杯回顧|岩田の神騎乗|いろいろなまとめ】の続きを読む