競馬動画(競馬2ch)などをまとめています

競馬動画(競馬2ch)などをまとめています。競馬の動画・競馬の2chなど面白いものをまとめています…。競馬ファンの皆様是非チェックを!!

    livedb1

    フェブラリーS

    5

    2016年フェブラリーS予想|注目馬コパノリッキー|過去レース動画まとめ

     

    ◆第33回フェブラリーS・G1(ダート1600メートル、21日・東京)

     今年も主役を務めるのは「Mr.フェブラリーS」、コパノリッキーだ。昨年は1番人気に堂々こたえて、同レース史上初の連覇達成。トランセンド、カネヒキリなど歴代の砂王がなし得なかった新たな歴史を刻んだ。

     今回はJRA史上初、同一G13連覇の偉業がかかる。「3年間、トップに居続けるのは難しい」。メジロマックイーンを筆頭に、過去6頭の名馬が様々な路線で挑戦して敗れた壁。その高さは村山調教師も分かっている。昨秋のJBCクラシック優勝後はチャンピオンズC7着、東京大賞典で4着。前哨戦の東海Sを勝って臨んだ昨年と比べて、勢いに欠ける。ただ快挙達成へ、10日の1週前追い切りでは手を打った。

     「外からかわしかけられたところで、もう一度伸びるように。その形を重視しました」と指揮官。栗東・CWコースの3頭併せで外の追走馬にあえて直線でかぶせられ、先行馬との間に挟まれる窮屈な形からひと伸び。逃げて目標となりかわされた、ここ2戦の反省を踏まえ「動きは良かったと思います」と納得した。

     前走から約2か月ぶりで少し体に余裕はあるが、6歳のベテランに村山師は心配なし。「馬は完成しているし、どれだけ息をつくれるかだけ。今週あと1回、強い調教ができますから。いい状態で出せれば結果は出せるはず。今がピークというより7、8歳まで走れると思っています。世代交代は、まだまだでしょう」。強気な言葉は信頼の証しだ。(宮崎 尚行)

     
    過去2年のフェブラリーS
    2015年-フェブラリーS

    1着 コパノリッキー

     

    2014年-フェブラリーS

    1着 コパノリッキー

     

     

     

    【2016年フェブラリーS予想|注目馬コパノリッキー|過去レース動画まとめ】の続きを読む

    5
    フェブラリーSの過去動画を集めました

     2015年最初のJRA・GIフェブラリーS(ダート1600メートル)が、22日に東京競馬場で行われる。

     レース史上初となる連覇を目指すのが、コパノリッキー(栗東・村山明厩舎、牡5歳)だ。昨年のフェブラリーSは最低16番人気の勝利でフロック視されたが、その後はかしわ記念、JBCクラシックも制覇し、GIを計3勝。ダートのトップホースとしてハイレベルなレースを繰り広げている。新パートナーの武豊騎手とタッグを組んだ前走の東海Sでは、先行策から抜け出して2着グランドシチーを4馬身ちぎった。本番に向けてさらに調子を上げており、連覇へ視界は開けている。

     東京の前哨戦・根岸Sを勝ったのがエアハリファ(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)。直線で狭いところを割って抜け出し、重賞初制覇を決めた。東京コースを最も得意にしており、5戦3勝、2着2回と安定感は抜群。三浦皇成騎手がJRA・GI初Vを飾れるかという点にも注目したい。

     ワイドバッハ(栗東・庄野靖志厩舎、牡6歳)も充実著しい。同じ舞台で行われた昨年11月15日の武蔵野Sでは、最後方から一気に伸びて重賞初制覇。前走の根岸Sはエアハリファに1馬身及ばなかったが、上がり3ハロンは最速の34秒7をマークした。1ハロンの距離延長で巻き返しを狙っている。

     ベストウォーリア(栗東・石坂正厩舎、牡5歳)は昨年10月13日の交流GIマイルチャンピオンシップ南部杯を勝ち、GI初制覇。その後のJBCクラシックは5着、前走のチャンピオンズCはスタート後につまずいたこともあり、11着に終わったが、得意の左回り1600メートルなら見直せる。

     古豪ワンダーアキュート(栗東・佐藤正雄厩舎、牡9歳)はJBCクラシック3着、チャンピオンズC5着、東京大賞典7着とここ3戦はひと息のレースが続いているが、9歳になっても衰えはなく、GI2勝の底力は侮れない。新たにコンビを組むフランシス・ベリー騎手の手綱さばきも興味深い。

     インカンテーション(栗東・羽月友彦厩舎、牡5歳)は4番人気と上位に評価されたチャンピオンズCで10着に敗れたが、東海Sでは落鉄しながらも3着に追い込んできた。強力メンバーとの対決が糧になっており、GI初Vを虎視眈々と狙う。

     トップ牝馬のサンビスタ(栗東・角居勝彦厩舎、6歳)はチャンピオンズCでも4着と善戦。牝馬相手の前走も楽勝するなど好調を持続しており、引き続き目が離せない。

     2012年の東京大賞典優勝馬ローマンレジェンド(栗東・藤原英昭厩舎、牡7歳)は復活をかけて東京に初参戦。近況は落ち着いてレースに臨めないケースが目立ち、テンションが鍵となる。公営・南関東のハッピースプリント(大井・森下淳平厩舎、牡4歳)は東京大賞典、川崎記念とも4着だが、全日本2歳優駿を制したのが左回りの1600メートルだった。川崎記念は4コーナーでブレーキをかけるシーンもあり、距離短縮で巻き返しを図る。

     
    フェブラリーS動画
     
    【フェブラリーSの過去動画を集めました】の続きを読む

    このページのトップヘ