弥生賞の動画を集めました


いよいよ弥生賞ですね!!

 ホープフルSを制したシャイニングレイ、東京スポーツ杯2歳Sを制したサトノクラウンという無敗馬を筆頭に、重賞ホースが7頭も出走する今年の弥生賞。本番の皐月賞と同じ舞台でクラシック候補に名乗りを上げるのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/8(日) 弥生賞(3歳・GII・中山芝2000m)

 シャイニングレイ(牡3、栗東・高野友和厩舎)は新馬戦、ホープフルSと連勝。好位に付けて抜け出すスタイルは安定感が抜群で、現状の完成度では一歩抜けている印象だ。前走の内容から中山コースもピッタリで、ここも当然勝ち負けに持ち込んでくるだろう。

 サトノクラウン(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は新馬戦を勝って臨んだ東京スポーツ杯2歳Sで、アヴニールマルシェ以下の強豪を封じ2連勝で重賞制覇を果たした。ディープインパクト産駒相手に瞬発力勝負で勝ったのだから価値のある勝利。ここは更にメンバーが強化されるが、期待は大きい。

 ブライトエンブレム(牡3、美浦・小島茂之厩舎)は新馬、札幌2歳Sと連勝して臨んだ朝日杯FSでは伸び切れず7着と敗れた。距離が短かったこと、常に外を回らされたことが敗因と思われ、距離が延びるここでの巻き返しが期待される。

 その他、いちょうS勝ちのクラリティスカイ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、京都2歳S勝ちのベルラップ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)、シンザン記念勝ちのグァンチャーレ(牡3、栗東・北出成人厩舎)、デイリー杯2歳S勝ちのタガノエスプレッソ(牡3、栗東・五十嵐忠男厩舎)といった重賞ホース達も大きな差はなさそうだ。発走は15時45分。

 
弥生賞動画
 
【弥生賞の動画を集めました】の続きを読む