競馬動画(競馬2ch)などをまとめています

競馬動画(競馬2ch)などをまとめています。競馬の動画・競馬の2chなど面白いものをまとめています…。競馬ファンの皆様是非チェックを!!

    livedb1

    宝塚記念動画

    宝塚記念|2016年|過去のレースを動画とともに振り返っています
    特集:宝塚記念 打倒!ドゥラメンテ(3)

     昨年の宝塚記念(阪神・芝2200m)の勝ち馬、ラブリーデイ(牡6歳)。同馬は昨年のファン投票で何位だったのか? そう聞かれて答えられる人は、かなりの“競馬通”と言えるだろう。

     答えは、当時も現在も「GIに参加するだけ」といった状態にあるメイショウマンボ(牝6歳)よりも、さらに2ランク下の27位。“泡沫(ほうまつ)候補”のようなものだった。

     デビュー以来、なかなか重賞を勝てない“イマイチくん”といったイメージのあったラブリーデイ。昨年になって、年明けにGIII中山金杯(中山・芝2000m)、GII京都記念(京都・芝2200m)と重賞を立て続けに制したものの、その後のGII阪神大賞典(阪神・芝3000m)、GI天皇賞・春(京都・芝3200m)では見せ場なく、馬群に沈んだ(阪神大賞典6着、天皇賞・春8着)。おかげで、「さすがにトップレベル相手には厳しい」という評価が定着しつつあった。

     それゆえ、ファン投票27位という結果もやむを得ないと言える。しかし一方で、この馬の実力は「こんなものではない」と見ていた関係者やファンも少なからずいた。

     それらの人々は、阪神大賞典にしても、天皇賞・春にしても、もっぱら「距離が長すぎた」ことを敗因に挙げ、適距離に戻れば「もっと戦える」と評価していた。ラブリーデイは、それだけの経験を積み、稽古を重ね、馬体面の弱点が解消されてきたことで、まさに「別馬のように強くなってきた」と見ていたからだ。

     関西の競馬専門紙記者によれば、ラブリーデイは昨年、天皇賞・春を使ったあと、当初は宝塚記念に直行する予定だったという。ところが、天皇賞・春のあとでも余りにも状態がよかったので、急きょ予定外だった鳴尾記念(阪神・芝2000m)を使うことにした。すると、これをあっさりと勝ってしまった。専門紙記者が語る。

    「この鳴尾記念の結果、周囲の人たちは『この勢いは本物。これなら宝塚記念も面白い』と、ますます期待を抱くようになったんです」

     迎えた宝塚記念、ラブリーデイは先行有利の馬場で楽々と2番手を追走。直線に入って抜け出すと、そのまま押し切った。その結果は、確かに「展開に恵まれた」という感はあった。それでも、あの競馬を可能にしたのは、展開以上に、ラブリーデイ自身の、競走馬としての目を見張るような成長にあったと見るべきだろう。

     そして、そのことを裏付けるように、宝塚記念のあとは休養を挟んで秋競馬の古馬の王道路線に参戦。GII京都大賞典(京都・芝2400m)を快勝すると、そのままGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)まで制して2連勝を飾った。予定になかった鳴尾記念を勝ってから、実にGI2勝を含む重賞4連勝。あの頃のラブリーデイは、間違いなく日本の競馬シーンにおける「最強馬」と言える存在だった。




    管理人おすすめコンテンツ…
    詳しい紹介は指定サイト(当たる競馬予想会社)が行っています。
    匠の万馬券の予想が熱いwwww
    無料会員は以下をクリックして指定サイトより無料会員に

    button1-1-u



    【宝塚記念|2016年|過去のレースを動画とともに振り返っています】の続きを読む

    5
    宝塚記念予想|調教・追い切り|動画をまとめました
     
    【宝塚記念】仕上がり順調ミロティック蛯名に託す【全てお任せ】

     ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、宝塚記念にカレンミロティックで挑む平田師を直撃した。

     ――カレンミロティックですが前走(天皇賞・春3着)は押して先行した分、少し掛かった?

     平田師 許容範囲といえ多少行きたがりました。そういう意味で今回、距離が短縮されるのは好材料だと思います。

     ――内枠を利してロスなく運べました。

     行きたがったことを除けばおおむねうまくいったと思います。4コーナーで先頭に立った時はもしかしたら、と思えましたからね。

     ――前走だけでなく時々ありますが最後は舌を出していました。

     下級条件時代からのことです。正直、以前は気になったけど、それでも勝つ時は勝っていました。力をそがれることはないようなので今は心配していません。

     ――ゴール直前にかわされて3着。

     3200メートルという距離は少し長かったにもかかわらずよく頑張ってくれたと思います。勝てなかったことは残念だったけど、結果だけでなく内容が良かったのでそれなりに満足はできました。

     ――最終追い切りは坂路で半マイル52秒0。馬場状態がいまひとつの割に時計は出た?

     どちらかというと調教で動くタイプではありません。それでも同じ日に追い切ったうちの厩舎の馬の中では一番速い時計をマークしました。動きを見ても馬場が悪かったとは感じさせないほどで、それだけ良い仕上がりだと感じました。

     ――手綱を取った蛯名騎手は何か言っていましたか?

     良い感触を得たようで、満足そうな表情を浮かべていました。

     ――ジョッキーと作戦などは話し合った?

     いえいえ。ベテランジョッキーですから。競馬に行けば全てお任せするつもりです。

     ――昨年は2着。天皇賞でも負かされたゴールドシップを逆転しなければなりません。

     G1なので相手が強いのは当然です。ただ、こちらも力はある馬なので自分の競馬に徹することができればよい勝負はできると信じています。

     

    宝塚記念-2015年調教参考動画

    1週前動画

     

    【ピックアップ】2頭-ラキシス・ディアデラマドレ

    ラキシス

     

    ディアデラマドレ

     

    宝塚記念-調教動画

     

    宝塚記念-2chSCの声

     

    716:2015/06/25(木) 22:09:33.52 ID:
    来るだろうと思っている時に1着で来ないのがゴルシ。
    ラキシス・ヌーヴォとのボックス。
    【宝塚記念予想|調教・追い切り|動画をまとめました】の続きを読む

    5

    宝塚記念、歴代のレース動画からの思い出

     

    宝塚記念レース展望!!

     今週日曜は阪神競馬場で上半期の総決算レース・宝塚記念(28日、GI、芝2200メートル)が行われる。暮れの有馬記念同様、ファン投票によって上位10頭に優先出走権が与えられるドリームレース。3歳以上の中距離馬による力勝負の舞台だ。また「ブリーダーズカップチャレンジ」の対象レースとなっており、優勝馬には米GIブリーダーズカップターフ(10月31日、キーンランド、芝2400メートル)の優先出走権が与えられる。

     最も注目されるのは、何といってもゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)だ。JRA史上初の平地同一GI3連覇がかかる一戦。さらに、宝塚記念連覇以外に2012年皐月賞、菊花賞、有馬記念、前走の天皇賞・春を制覇しており、勝てばシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカの4頭に並ぶJRA・GI最多の7勝目となる。賞金面でも、2着以上なら歴代2位のディープインパクトを上回る(1位はテイエムオペラオー)ため、あらゆる記録がかかる大一番だ。

     気まぐれでときとして凡走もある馬だが、阪神に関しては7戦6勝2着1回と連対率100%。最も得意とするコースといっていい。1週前追い切りを終えた須貝調教師は「3連覇うんぬんより、能力を出し切れるだけの調整をしてファン投票1位に応える走りを」と責任感をにじませていた。自然体のコンビネーションがさえる横山典弘騎手の手綱さばきにも注目が集まる。

     今年は牝馬の層が厚く、1966年エイトクラウン、2005年スイープトウショウに次ぐ3頭目の勝利もありそうだ。そのなかでも注目されるのはラキシス(栗東・角居勝彦厩舎、5歳)。昨年のエリザベス女王杯でGI初制覇を果たすと、GI有馬記念でも勝ったジェンティルドンナから0秒2差の6着と善戦した。今期初戦のGII産経大阪杯では真っ向勝負でキズナを撃破してのVと、牡馬相手にヒケを取らない実績の持ち主。阪神コースも全5勝中3勝と得意にしている。

     これに続くのは昨年のオークス馬ヌーヴォレコルト(美浦・斎藤誠厩舎、4歳)。エリザベス女王杯ではラキシスのクビ差2着と惜敗したが、今年初戦のGII中山記念では皐月賞馬ロゴタイプなど牡馬一線級を相手に勝利を飾った。続く前走のGIヴィクトリアマイルは、1番人気に推されながら6着と案外の結果に終わったが、久々のマイル戦が影響した印象。距離が延び、人気も下がる今回はレースがしやすいはずだ。巻き返しのシーンも十分に考えられる。

     角居厩舎からは前出ラキシス以外にも2頭の牝馬がスタンバイ。一昨年のジャパンCでジェンティルドンナのハナ差2着に入った実績があるデニムアンドルビー(5歳)と、中距離では安定しているディアデラマドレ(5歳)だ。ともに牝馬らしい決め手があり、軽視はできない。

     昨年の秋華賞馬ショウナンパンドラ(栗東・高野友和厩舎、4歳)は、今期の2戦が案外。産経大阪杯は悪化しすぎた馬場が敗因で、前走は久々のマイル戦が影響したと思われる。過去10年の宝塚記念で3勝、2着1回という池添謙一騎手との新コンビで、変わり身がありそうだ。

     ゴールドシップ以外の牡馬GIウイナーは、2頭が出走を予定。昨年のダービー馬ワンアンドオンリー(栗東・橋口弘次郎厩舎、4歳)は神戸新聞杯優勝後、精彩を欠いていたが、前走のドバイシーマクライックでは9頭中の3着と復調気配を見せた。海外遠征帰りで調整の難しさがあるが、底力は侮れない。

     昨年の菊花賞馬トーホウジャッカル(栗東・谷潔厩舎、4歳)も順調さを欠いて8カ月ぶりのレースになるが、ここにきて急ピッチで調整が進んでいる。底を見せていない魅力はあるだけに、最終追い切りが注目されるところだ。

     昨年の2着馬カレンミロティック(栗東・平田修厩舎、セン7歳)は、力の要る阪神が得意。ゴールドシップの好走時に人気薄で食い下がるケースが目を引くだけに、軽視は禁物だ。

     また、今年の上半期だけで重賞3勝をマークした充実一途のラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)も阪神には実績がある。春に崩れた2戦はいずれも距離が長すぎたもので、守備範囲のこの距離なら一流馬相手でも楽しみだ。

     
    過去の宝塚記念
    2014年ーゴールドシップ

    1着 ゴールシップ 横山典弘

    2着 カレンミロティック 蛯名正義

    3着 ヴィルシーナ 内田博幸

     

    コメント

    ゴールシップ初の宝塚記念史上初の連覇でしたね。

    やっぱり強いのかなこの馬

     

    2012年ーオルフェーヴル

    1着 オルフェーヴル 池添謙一

    2着 ルーラーシップ ウイリアムズ

    3着 ショウナンマイティ 浜中俊

    【コメント】

    オルフェーヴルの復活完全に内が開くかって感じですね・・・

     

     1993年ーメジロマックイーン

    1着 メジロマックイーン 武豊

    2着 イクノディクタス  村本善之

    3着 オースミロッチ  松本達也

     

    【コメント】

    マックイーン=ディクタスの恋の物語

     

     

     

    このページのトップヘ