競馬動画(競馬2ch)などをまとめています

競馬動画(競馬2ch)などをまとめています。競馬の動画・競馬の2chなど面白いものをまとめています…。競馬ファンの皆様是非チェックを!!

    livedb1

    競馬動画

    5
    プロキオンS|過去の思い出を動画とともに振り返ります

     中京では12日、「第20回プロキオンS」(GIII、ダ1400メートル)が行われる。古豪の顔も見えるが、注目したいのは躍進著しい4歳牝馬コーリンベリーだ。

     最大の武器はキップのいい“逃げ”。スピードをストレートに発揮して逃げたときの勝ちっぷりは鮮やかだ。前走の交流GIIIかきつばた記念もハナを切っての重賞初制覇だった。

     ただ、今春は脚質に幅を増している。のちにターニングポイントとなるであろうレースが2走前のコーラルSだ。外枠だったこともあり無理をせずに好位に控えると、直線であっさり抜け出し、2着ニシケンモノノフに3馬身差をつけた。控えながらの快勝は、大きな収穫だった。

     「内に速い馬がいたので控えたが、砂をかぶらず行けたのが良かった。前走は内枠だったのですんなりハナへ。脚質に幅が出てきたね。ハナにこだわらず、自分でレースを作れるようになったのは強みだと思っている」と柴田見調教師。

     先週1日はCWコースでラスト1F12秒1と伸びた。活気あふれる好内容に、「引き続き好調をキープ。相手は強くなるが、砂さえかぶらなければ力は発揮できる」。昨年はベストウォーリアの9着だったが、今年は逆転までありそうだ。(夕刊フジ)

     

    2014年-プロキオンS動画

    1着 ベストウォーリア 戸崎圭太

    2着 キョウワダッフィー 福永祐一

    3着 ガンジス 国分優作

     

    【コメント】

    秋の飛躍につながった同馬、アジアエキスプレスの同じオーナー

    3着のガンジスは印象的。

     

    2011年ープロキオンS動画

    1着 シルクフォーチュン 藤岡康太

    2着 ダノンカモン 和田竜二

    3着 ケイアイガーベラ 秋山真一郎

     

    【コメント】

    シルクフォーチュンの強烈差しが印象的

     



     

    5
    日本ダービー(東京優駿)|過去の思い出を動画で振り返ります!!
     

     オークスが終わり、今週末はダービー(5月31日/東京・芝2400m)。春競馬はクライマックスを迎える。先日のインタビューで、オークスの注目馬に「ミッキークイーン」を挙げ、見事に的中させたホソジュンこと、元ジョッキーの細江純子さん。ダービー出走馬で、注目しているのは? 思い出のレースや関係者の思いなどと併せて、大いに語ってくれた。

    前回のインタビューはこちら>>

    *   *    *
     
     日本ダービーは、本当に特別なレースです。普段競馬を知らない方でも「ダービー」という言葉はみなさんご存知ですから。新聞などの各種メディアでも、芸能人やスポーツ選手が予想されたりして、ダービーウィークというのはメディアも関係者も、ワクワクした気分になります。

     何千頭の同世代の馬の中から一生に一度の頂点が決まるということでも、特別なレースと言えます。世代の頂点を決めるというのは、人間の世界ではないですからね。高校野球でも1年から3年までチャンスがあります。それを考えると、強さだけでなく巡り合わせの運も求められます。すべての要素が揃わないと勝つことはおろか、出走すら叶わないという厳しさもダービーの一面でしょう。

     競走馬ですのでケガはつきものですし、自分は万全なのにゲートで隣の馬が暴れてそれにつられて出遅れてしまうとか、そういった不確定要素もある中で勝ち抜いてきた馬たちが顔を揃えるのです。

     私が騎手のときは、あまりにも遠い存在のレースだったので、恥ずかしながら何も理解していませんでした。ですが、この仕事をするようになって、知れば知るほど奥深いものだと感じます。普段、ほかのGIではそんなことないのに、ダービーだけは、競馬場内の雰囲気がお祭りのよう。あれは本当に不思議ですね。

     私がこれまでダービーを取材していて一番感じられるのが、人や馬の「執念」や「怖さ」です。怖くなるぐらいの気迫だとか、そういうものが伝わってきますし、勝つ人馬こそ、それが本当に強いのです。
     
     そういう意味で真っ先に思い出されるのが、まず2002年のタニノギムレット(父ブライアンズタイム)です。タニノギムレットは皐月賞、NHKマイルカップと続けて1番人気ながら3着に敗れ、ダービーに向けて今度こそ負けられないという状況でした。

     そのダービー直前に、タニノギムレットを管理していた松田国英調教師に馬を見せていただいたのですが、発する「気」が怖くて近づくことができませんでした。私自身、騎手時代から馬には慣れているはずなのに、彼を見たときに「馬ってこんなに怖いの!?」と足がすくんで近づけないほど。自分がタニノギムレットを見ているというよりは、タニノギムレットに見下ろされているような感覚で、殺気立つ怖さがありました。今までの知っている「馬」とは、まったく違う生物のように感じたのです。

     2012年のディープブリランテ(父ディープインパクト)が勝ったときのことも印象に残っています。あのときは、人。岩田康誠騎手は正直、怖すぎました。

     

    2013年ーキズナ

     

    1着 キズナ 武豊

    2着 エピファネイア 福永祐一

    3着 アポロソニック  勝浦正樹

     

    やっぱり武豊、復活のダービー・・・

    綺麗に差し切りましたね。

     

     

    2007年ーウオッカ

     

    1着 ウオッカ 四位洋文

    2着 アサクサキングス 福永祐一

    3着 アドマイヤオーラ 岩田康誠

     

    『コメント』

    牝馬のダービー制覇・・・・

     

    1997年ーサニーブライアン

     

    1着 サニーブライアン 大西直宏

    2着 シルクジャスティス 藤田伸二

    3着 メジロブライト 松永幹夫

     

    『コメント』

    1番人気はいらない、1着がほしいって名言だった

     

     

    【日本ダービー(東京優駿)|過去のレース結果を動画で振り返ります!!】の続きを読む

    5
    NHKマイルカップの動画を集めました|初G1制覇騎手
     
    【NHKマイルC】レース展望

     今週から東京は5週連続でのGI開催となる。その開幕戦となるのが3歳マイル王決定戦のNHKマイルC(10日、GI、芝1600メートル)。クラシック路線同様、今年は3歳マイル路線も混戦模様だ。

     前哨戦のGIIニュージーランドTを勝ったのがヤマカツエース(栗東・池添兼雄厩舎、牡)。左回りは2走前のGIIIファルコンS(3着)で経験している。前走で見せた決め手は世代屈指のものがあり、有力候補の1頭であることは間違いない。父が管理する馬で父子GI制覇に挑む池添謙一騎手は、勝てば武豊騎手に次ぐ史上2人目の3歳GI完全制覇となる。

     ニュージーランドTで1番人気に推されて2着だったのがグランシルク(美浦・戸田博文厩舎、牡)。スタートで立ち遅れながら、最後方から圧巻の追い込みを披露して、勝ち馬以上のインパクトを残した。前走とは違って、今度は気楽に乗れる立場。東京は新馬戦2着以来だが、全成績【2・2・1・0】の堅実派でもあり、不安はない。戦線離脱した厩舎の先輩・フェノーメノと同じステイゴールド産駒。先週は天皇賞をゴールドシップが制しており、同産駒2週連続のGI制覇もかかっている。

     ニュージーランドT3着のアルマワイオリ(栗東・西浦勝一厩舎、牡)は鋭い決め手が持ち味。GI朝日杯フューチュリティS2着、GIIIアーリントンC2着と実績は上位だ。一にも二にも折り合いが鍵。速いペースで流れれば、一気の差し切りも十分に考えられる。

     今年は別路線組も魅力ある存在ばかりだ。デビュー3連勝でGIIIフラワーCを制した後、桜花賞をパスしてこちらに的を絞ってきたアルビアーノ(美浦・木村哲也厩舎、牝)は、2走前に芝1400メートル戦ながら東京で500万下を快勝している。もまれた経験はないが、陣営は「逃げにこだわる馬ではない」と不安を一蹴。躍進著しい木村厩舎、もっか関東リーディング3位と充実している柴山騎手、ともに初のGI制覇に挑む。以前は外国産馬ばかりが活躍していたレースだが、近年は内国産馬が優勢。もし勝てば14年ぶりの外国産馬Vとなる。

     皐月賞で意表を突く逃げの手に出て5着に奮闘したクラリティスカイ(栗東・友道康夫厩舎、牡)は、昨秋、同じ東京芝1600メートルの重賞・いちょうSを勝っている。名を捨てて実を取りに来た感があり、天皇賞で絶妙の手綱さばきを見せた横山典弘騎手とのコンビも魅力。父クロフネもこのレースを勝っており、レース史上初の父子制覇を狙う。

     アヴニールマルシェ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)は1勝馬ながら、世代一線級と戦い、差のない競馬を続けてきた。桜花賞馬キョウエイマーチの孫でマイル適性も高い。今年はまだGI制覇がないディープインパクト産駒だけに、この馬には大きな期待がかかる。

     同馬を新潟2歳Sで2着に退けているミュゼスルタン(美浦・大江原哲厩舎、牡)は、骨折明けのフジテレビ賞スプリングS(7着)を叩かれて上積みが見込める一戦。新馬、新潟2歳Sとも左回りのマイル戦だけに、一変があっても驚けない。

     ニュージーランドT8着でやや評価を落としているが、スケールの大きな走りをするヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡)も侮れない一頭。前走は直線の不利がなければもっと上位に食い込めたはずで、巻き返しが有望だ。

     ほかにもファルコンSで重賞初制覇を飾ったタガノアザガル(栗東・千田輝彦厩舎、牡)や、武豊騎手を背にして初のマイル戦に挑むダノンメジャー(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡)、安定感のあるニシノラッシュ(美浦・田村康仁厩舎、牡)、フミノムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡)なども大きな差はない。

     どこからでも狙える顔ぶれで馬券的な妙味もたっぷり。底力が問われる東京のマイル戦で、見応え十分の戦いが期待できそうだ。

     

    NHKマイルカップ、いよいよですね…!!

    NHKマイルCが初G1制覇って騎手が多いのでそれを集めました

     

    NHKマイルCが初G1だった騎手

    2002年-テレグノシス(勝浦正樹)

     
    1着 テレグノシス 勝浦正樹
    2着 アグネスソニック 横山典弘
    3着 タニノギムレット 武豊
     
    2007年-ピンクカメオ(内田博幸)
     
    【NHKマイルカップの動画を集めました|初G1制覇騎手】の続きを読む

    オーシャンSの動画を集めました

     

    オーシャンSの動画

    ◆オーシャンS追い切り

     オーシャンS・G3(7日、中山)に出走する昨年の覇者スマートオリオンが4日、美浦の芝コースで最終追い切りを行った。三浦を背にポップジェムズ(5歳500万)を3馬身追走。直線でも馬なりのまま5ハロン66秒5―12秒3で併入した。「追い切りの雰囲気は良かった。昨年と変わらないくらい、いい状態になっている。このレースを目標にやってきたが、ここまでは順調」と鹿戸調教師は連覇に意欲を見せた。

     1番人気だった前走のラピスラズリSは、直線で前をふさがれる窮屈なレース。「スムーズだったらというところはあった。力負けだとは思っていない」。不利を受けながらも、勝ち馬とは0秒3差(7着)だっただけに、トレーナーは仕切り直しの一戦に燃えていた。

     
    2012年-オーシャンS
     
    2014年-スマートオリオン
    【オーシャンSの動画を集めました】の続きを読む

    このページのトップヘ